Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • コメント : -
  • トラックバック : -


テレビ

とあるビンゴ大会で任天堂Wiiが当たったのですが、元来ゲームをしない質なので、コイツはどうしたもんかと思って居りましたが、なんか、インターネットをつなげられるらしいので、つないでみました。
で、居間のテレビで、Wiiリモコンをマウスのようにしてネットを楽しんでいます。
やはりユーチューブばかり観ているのですが、なんか良いですよ。テレビでユーチューブ。みんなで見れる状態というのがまたいいですな。楽しいです。
ぜひ、おススメです。
以上。
スポンサーサイト


コンテンツ小僧

今、ウェブのコンテンツを作る仕事をしています。
さぁて、一体なんだろうね、コンテンツってね。

「映画」もコンテンツ。「ニュース」もコンテンツ。「今日の占いカウントダウン」もコンテンツです。

規模でいうと、どこからがコンテンツと呼べる範囲なのでしょうかね?
「俳句」は?
いやはやこれは立派なコンテンツですな。アートといってもいいね。
では、もっとミニマムに。
「しりとり」とか。
これはどうだろう。
これは、やり方次第ですな。
例えば、ブログの記事に「しりとり」と書いておく。
で、コメントに
「リス」
なんて書いておく。
すると、コメントに
「スイカ」
「カマキリ」
「陸上部」
という具合に続くわけですな。

でも、そんな風にはなかなかなりませんよ。実際はね。

そこで工夫が必要となってくるわけですが、いやはやどうしたもんですかね?


文学的絶景

日本の不条理演劇の大御所、別役実さんの著作「虫づくし」を購入いたしました。
下北沢のビレッジバンガードにて、文庫で売っていたのを見つけて、迷わずサッと買いました。
噂に聴くところの名著であると存知ておりましたので、期待に小踊りしつつ、帰りの井の頭線のホームでプロローグだけチラ読み。

何という屁理屈ばった回りくどい文体でしょうか!
しかしながら、こいつは手ごたえのある本だな!と、カート・ボネガット・ジュニア以来のグリップの確かさを感じつつ、読み進めております。

読み易くて軽い、親切な文章にダメ出しする気なんかないけれども、粘り着くようにして行を追わなければ頭に入ってすらこない程の文章というのは、やはりそれなりのビューポイントまで連れていってくれるものです。

文学的絶景。

登山は疲れるから嫌いだけど、登頂の感動ってのは、やはりかえ難いものがあるのでしょうね。
ロープウェイじゃダメなんだろうね。


ちんま

私が以前やっていたラジオを、最近聴いてくれている人がおりましてね。感想とかを言ってくれるわけですよ。
嬉しいものです。
ありがたいですな。

ブログも毎日更新で、ラジオも頻繁に吹き込んでいたあの頃。
インターネットの個人メディアで人生が変わっちゃうぜベイべー、と、浮き足立っていたあの頃。
飽きてしまったわけじゃないのですが、なんと言いますか、こう、情熱みたいなものが、ちんまりとしてしまったような気がします。
「ちんまり病」

名付けてみました。

そんな、ちんまい私ではありますが、また何か、ふざけた事をやりたくなってきました。
ユーチューブとかを使って、なんかやりたいです。

そんな感じです。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。