Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • コメント : -
  • トラックバック : -


-件のコメント

[C126] ん

段田 男 (だんだ だん)
  • 2006-07-18
  • 投稿者 : mackie
  • URL
  • 編集

[C127] ん2

藤田 田 (フジタデン)
日本マクドナルド元会長。
  • 2006-07-19
  • 投稿者 : ハタノ
  • URL
  • 編集

[C130] ん3

カッカ・カカ。

小学校5年生くらいの時考えた名前。
  • 2006-07-20
  • 投稿者 : はこやさん
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

[T3] ゲド

高校の同級生がこんな記事を書いていました(・∀・)  ゲド。の巻@イーゴン・イッテンゴゲドって。すべて濁音。確かに力強いかもしれません( ̄∇ ̄)ゲド!一般的には あまり聞き慣れないのかも。しかし ながら。だが しかし。村上のヒトにとっては、とっても身近
トラックバックURL
http://egon.blog18.fc2.com/tb.php/114-330d2410
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

ゲド。の巻

最近、小泉首相のものまねに挑戦しているハタノです。
『土橋仁』。
読み方、ドバシ・ジン、です。
これは、私が昨日から考え抜いて、ようやく今ひねり出した
最も男らしいのではないか、と思われる名前です。
もう一案あります。
『番場保』
バンバ・タモツ、です。

私が中学生だった頃、もちろん実家に住んでました。
あるヒマな日、居間の本棚の奥のほうに黄色い本があるのを
なぜか気になり、引っ張り出したときのことです。
「赤ちゃん名付け辞典」
そんな本がありました。ま、どこのご家庭でもありそうですよね。
なにせヒマだったので、パラパラとめくって眺めていると、
ヒラリとノートの切れ端のメモのようなものが足元に舞い降りたのです。
この本のどこかに挟んであったのでしょう。
何気なく拾い上げると、そこにはまるで天下一武道会のような
白熱したトーナメント表が確かな父の字で書きなぐってありました。
トーナメントのてっぺん、優勝の冠を手にしていたのはもちろん
『烈』という一文字でした。
これは私のファーストネームです。
ああ、これは私の名前を決めるために悩んだ我が父の
「息子の名前トーナメント」のメモだったのかぁ。
感慨深いものを感じて、私は胸が熱くなりました。
こうなると、予選からの戦いの歴史が知りたい!
と、ホウキのように枝分かれした予選組のエントリーを観てみることに。
まず、目についたのはこれ、

「水もれ甲介」

なんだ「水もれ」って。異名?
後に知ったのですが、これは石立鉄男さん主演のテレビドラマのタイトルです。
まあいい。ほかの選手を観てみましょう。
「水もれ甲作」
‥バリエーションかよ。
ともあれ、一回戦は「水もれ甲介」vs「水もれ甲作」でした。
結果をみると明らかですが、この二人とも途中で敗退してます。
なぜなら私は「烈」だからです。
しかしながら強敵もおりました。
トーナメントの階段を赤鉛筆で駆け上った名前が「烈」の他に
もう一つあったのです。その強敵の名は

『藤堂』

んー、名字!!
恐るべき強敵です。トウドウ。
もしもこのままトウドウが勝っていたら
「ハタノ・トウドウ」
になっていたとこです。
二人か!ますだおかだみたいな事になってましたよ。

後に知ったのが、無類の石原軍団好きの父はこの「藤堂」を
やはりテレビドラマ「太陽にほえろ!」の石原裕次郎扮する
藤堂課長から拝借したということでありました。

テレビッ子かよ!

さて。
名前というものは半分、呪いのようなものです。
その名前を付けられた人の人生を左右します。
たとえば『土橋仁』の人生、
たとえば『番場保』の人生。
たとえば『羽田野藤堂』の人生。

濁点ってすごい威力ですね、なんか。
アントニオ・バンデラス!とか
ドリュー・バリモア!とか。
あと、例の「ゲド戦記」。
これは人の名前じゃないけどね。
しかしゲドて。
スポンサーサイト


3件のコメント

[C126] ん

段田 男 (だんだ だん)
  • 2006-07-18
  • 投稿者 : mackie
  • URL
  • 編集

[C127] ん2

藤田 田 (フジタデン)
日本マクドナルド元会長。
  • 2006-07-19
  • 投稿者 : ハタノ
  • URL
  • 編集

[C130] ん3

カッカ・カカ。

小学校5年生くらいの時考えた名前。
  • 2006-07-20
  • 投稿者 : はこやさん
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

1件のトラックバック

[T3] ゲド

高校の同級生がこんな記事を書いていました(・∀・)  ゲド。の巻@イーゴン・イッテンゴゲドって。すべて濁音。確かに力強いかもしれません( ̄∇ ̄)ゲド!一般的には あまり聞き慣れないのかも。しかし ながら。だが しかし。村上のヒトにとっては、とっても身近
トラックバックURL
http://egon.blog18.fc2.com/tb.php/114-330d2410
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。